文部科学省「職業実践専門課程」認定校学校法人 九州総合学院 九州医学技術専門学校(九医技)

お問い合わせ・ご相談はこちら
HOME > よかよか九医技ブログ > エコキャップ > エコキャップ寄付のご報告

エコキャップ寄付のご報告

2015年11月12日

 

20151112エコキャップ

今回も、皆様のご協力のおかげで、エコキャップを寄付することができました。ありがとうございました。

九医技では、エコキャップ回収袋が1つ満杯になると寄付をしています。最近、寄付の頻度が増えているのは、本校の活動を知った方々が

「どうせ捨てるキャップなら、寄付をして誰かの役に立てたい」と寄付をしてくださるからなんです。

最初は、「自分の家の分だけでも・・・。」と、寄付してくださった方が、「実は、職場でも集めているんですよ!」と、その輪を広めてくださっているんですね。

以前、九医技プレゼンツで、向井理さん主演の映画『僕達は世界を変えることができない。』の試写会を開催しました。その映画は、ある医学生達がカンボジアに学校をつくるために、チャリティーやイベントに精を出す奮闘記です。私の記憶では、その中でマザー・テレサさんの次の言葉が出てきたような、出てきてないような・・・気がするのですが

「わたしたちのすることは 大海のたった一滴の水に すぎないかもしれません。
でも その一滴の水があつまって 大海となるのです」マザー・テレサ

最初は高校生達の「ペットボトルキャップを捨てるのはもったいない」から始まったこの運動が広がり、寄付として、二酸化炭素の削減として、社会に貢献しています。

マザー・テレサさんの言葉と同じものがあるような気がします。

集めて寄付するだけで、ペットボトルキャップは誰かの役に立つ「エコキャップ」になります。
街のいたるところで「エコキャップ」の回収BOXがあります。ぜひ、ご協力ください(^^)

 

☆ECOキャップ運動☆
本校では、エコキャップ推進協会にペットボトルキャップを寄付しています。エコキャップ運動の寄付は、ワクチンの他にも、震災義援金、障碍者支援、環境教育にもされているそうです。また、ペットボトルキャップをリサイクルすることで、CO2排出削減にも貢献できます。

 

本校のみならず、団体・個人問わず様々な方にご協力いただいているこの活動。ボランティアにはさまざまな形がありますが、大事なのは「続ける」こと。これからも、九医技ではこの活動を続けていきます!

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

 

byこんちかろう

※投稿記事への個別の返信はできかねますので、ご了承ください。

 

TOPへ

資料請求は
こちら