文部科学省「職業実践専門課程」認定校学校法人 九州総合学院 九州医学技術専門学校(九医技)

お問い合わせ・ご相談はこちら
HOME > よかよか九医技ブログ >

前期末試験

2016年8月06日

こんにちは。暑い日が続いていますが皆さん、健やかに過ごされていますか?

さて、本校の臨床検査科は現在、試験真っ只中です。
1年生は8月1日から8月6日まで、2年生は8月6日から8月12日までと
オリンピックと同じくらいの熱さで頑張っています。

そんな中、同じように暑さのなか頑張っているものが・・・

百合 学校の石垣に咲いていた小さな百合

焼けつくような日差しのなか、
凛とした姿は健気でもあり美しくもあり・・・
その百合に 白衣をまとい背筋を伸ばして
現場で働く学生の姿を重ねてみました。

オリンピックも試験も努力なくしては何も残せません。

石垣の片隅に咲いた小さな花も努力と下積みが感じられるからこそ
大輪の花のように美しく感じるのでしょう。

だからこそ、今は大変ですが試験の一つ一つが明日への道。
頑張ってください。

by。しば

学生会 総会

2016年6月11日

昨日、本校学生で構成する「学生会」の総会が開催されました。
実は訳あって一時休止していたため、再始動を目的とした臨時総会を臨床検査科1・2年生、医療秘書科の学生が参加し校長主導で行われました。
臨床検査科の3年生は臨地実習中により欠席です。

まずは休止に至った経緯。再始動の理由。
それらが校長より説明されました。

IMG_0714

学生たちは真剣な表情で校長の話を聞いていました。

その後、学生会長の立候補を募りましたが残念ながら、無し。
そのため推薦により臨床検査科2年生の男子生徒が決まりました。

会長が決まるとあとは順次決定し、副会長・委員・監亊が決定。
最後に役員全員が前に出て一言抱負を述べ、閉会となりました。

役員たちは別室で第1回役員会を開催しました。
その話し合いの中で「あんなことをしたい。こんなことをしたい。」など早速意見が挙がったようです。
役員の方たちは負担に感じすぎず、のびのびと責任感を持って活躍してくれることを期待しています!
活動の様子は順次ブログでお伝えしていきますので、お楽しみに!!

ところで、学生会とは在籍する学生たちが学校生活をより良いものにするための役割を持っています。
今回選ばれた人、選ばれなかった人、それぞれが「学校を楽しく良いものにしたい!」との信念の元、活動してくれることを望みます。
みんなで何かしよう!となった際「え~、面倒くさい~。」などとマイナスな言葉が出ず「一緒にやろう!」とプラスの言葉をお願いしたいです。
これは社会に出てからも同じ。
言霊と言って、言葉には魂が宿ります。
マイナスな言葉にはマイナスな効果。逆にプラスの言葉にはプラスな効果が現れます。
このブログを呼んでくれている皆さんの中に「よくマイナスな言葉を使うな~。」と感じる人が居れば、それをプラスの言葉に変えてみてください。
本当にプラスの効果が現れますよ。
(そんな言っている私も時々マイナスな言葉を使いますが、その後は気分が上がりません・・・)
最初は騙されたと思って試してみてください!

マイナスな言葉(人)の周りにはマイナスな言葉(人)しか寄ってきませんから。

今回学生会役員を引き受けてくれた皆さん。
一緒に九州医学技術専門学校を盛り上げていきましょう!!

☆今日のよかよか☆
明日開催の学校説明会&プチ体験に多くの参加希望者が出ていること!
「ありがとうございます(#^.^#)」

by でんでん

臨地実習スタート!!

2016年5月14日

皆さんこんにちは。

 

5月9日から、本校臨床検査科3年生の臨地実習がスタートしました。

8月31日までの約4か月、学生にとっては貴重な体験です。

 

ようやく1週間が終わった本日は、一部の学生が登校してお互いの様子や実習の内容などを情報交換していたようでした。

「聞いたことのない検査を教えてもらった!すごかった!」

「学内の実習と違い、すべてが新鮮!楽しい!」

「スタッフの顔と名前を覚えきれない!」

など、学生の感想も様々のようですね。

 

臨床検査技師を目指す学生にとって、臨地実習は必須のカリキュラムです。

本校の臨地実習期間は全国の臨床検査技師養成機関の平均期間よりも長く設定してあります。

多くの経験を積んで臨地実習から帰ってきて欲しいですね。

 

by なだか

 

新学期が始まりました

2016年4月15日

皆さん、こんにちは。

4月も半分過ぎてしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか。

 

九医技では、学校内が静かだった春休みが終わり、新学期が始まっています。

先週は入学式、健康診断、オリエンテーションなどイベントが盛りだくさんで、あっという間に1週間が過ぎていきました。

 

そして今週月曜日から講義が始まりました。

講義中の学校内は静かではあるものの、休み時間には廊下や教室など、あちらこちらで「がやがや…わいわい…」

学生たちの声が聞こえ、賑やかになりました。

 

新入生にとっては初めての90分の授業ですので、今週はもうお疲れかもしれません。

明日の土曜日の授業が終われば日曜日です。あと1日頑張ってください!

 

byピース

 

 

入学式が行われました!

2016年4月08日

4月6日(水)入学式が行われました。

臨床検査科、医療医書科あわせて総勢56名の新入生が九医技に入学してきました。

入学式に先立ち、今年も「教育コーチング」トレーナーの小山英樹先生に、これからの1年間、または3年間をどう過ごしていけばいいのかのヒントとなるお話をしていただきました。
その中で、心に残った言葉を2つ紹介します。
「意味の無いことはおこらない」と「できるか、できないかではなく、やるか、やらないか」の2つです。
特に「意味の無いことはおこらない」は、私もこれまでの自分に起きた出来事を振り返って、その時は「最悪だ」「どん底だ」
と思った出来事も、自分を変えたり、成長したりするチャンスでした。
「全ては自分にとって必要なことだったんだ」と思えたら、前を見て進んでいけるのではないかと思います。

さて、今週いっぱいは、オリエンテーションなどが続き、来週から講義が始まります。
今日は医療系の学校ならではの行事ということで、先生方の指導の下、学生が自分達で健康診断を行いました。

2016.4 (3)無題これは尿検査の実施風景です。
まず検体を運びます。 そして、試験紙に試薬を染みこませたものを尿に浸し、色の濃度で尿中に含まれる物質を判定していきます。

臨床検査技師にとって、健診センターなども働く場所の一つですので、こういう実践的な学びができるのも専門学校の強みです。
授業だけでなく、こういった行事や学外での活動(癌予防啓発ボランティア、学生シンポジウム参加など)が将来の自分達につながっていきます。
学生のうちにしか得られない経験もたくさんあります。
新年度が始まりました。新入生だけでなく、在校生も心機一転、これまでのことは過去のこと、とらわれる必要はありません。
はじめの一歩を踏み出していきましょうね :-P

byちからたろう

 

TOPへ

資料請求は
こちら