文部科学省「職業実践専門課程」認定校学校法人 九州総合学院 九州医学技術専門学校(九医技)

お問い合わせ・ご相談はこちら
HOME > よかよか九医技ブログ > 就職対策 >

3年生最後の就職対策

2017年5月01日

臨床検査科3年生の臨地実習前の最後の講義は「就職対策」の講義でした。
「就職対策」は検査科では3年間あるのですが、3年生は前期までで終了です。
臨地実習が終わってからは、国試に向けて本格的な勉強がスタートします。
また、並行して就職活動も行わなければいけないので、その前に必要な準備は終えておこうというものです。

3年生では、面接の最終仕上げとなります。2年生から何回も練習を重ねてきましたので、この段階になると、みんなそれなりにしっかりとした受け答えができるようになっています。

しかし、同時に、「特に悪い所もないけれど、すごく良いというわけでもない」「内容に特に問題はないけれど、なんか印象に残らない・・・」という状態に陥る学生が出てきます。
その原因として、話の構成に不足がある、具体性にかけるなどが挙げられたりしますが、何より大きいのは、「私を採用してください!」という意欲に欠けているのが1番かなと感じます。

練習とはいえ、面接官を担当する私もこの段階になると、1人1人に細かい指摘というより、このグループの中で「どの学生を採ろうかな」という視点に変わってきます。
謙虚なのはとても良い事ですが、こと面接においては、極端に言えば、「このグループの中で1番目立ってやろう」というぐらいの気持ちで臨んで欲しいなと思います。
最後は気持ちです。単純なことですが、それだけで結果に大きな差が出てきます。
みなさんの内に秘めた熱い気持ちを、惜しみなく伝えてください :-)

最後の講義と言いましたが、本番の就職試験の前には練習も受付けますので、遠慮なく言ってきてくださいね。

※ブログ用に写真を撮ろうと思っていたのに、面接に夢中になりすぎて完全に忘れていました 8-O
こんな感じで面接練習をやっています。(2年次の写真です)

面接

 

 

 

byちからたろう

 

グループディスカッション対策

2016年12月27日

早いもので、今年も今日を入れてあと残り5日間になりました。
あっという間に1年が過ぎ去ろうとしていますね。

今年の講義は昨日(12/26)で終了しましたが、先週行った2年生の就職対策講義「グループディスカッション対策」の様子をお伝えします。

グループディスカッションとは面接試験の1つで、受験者を5~8人のグループに分け、1つのテーマについてグループ内で議論をさせて、その様子を面接官が観察して評価するものです。
ディスカッションには、司会、書記、タイムキーパーなどの役割があり、集団の中で自分がどのような役割を果たすかがポイントになります。
また、メンバーはライバルではなく、サバイバルチーム。「全員で受かろう」という心構えで臨むことが成功の秘訣です。

IMG_1631

この対策は毎年、ヤングハローワークの方に特別講師として来ていただいています。クラスを前半組と後半組に分けて、前半組は簡単な説明のみで、「まずはやってみましょう!」という形で始めました。
当然のことながら、どのように議論を進めたらよいのか、それぞれの役割をどのように果たせばよいのかなど、戸惑いつつディスカッションをしていました。

一方、後半組はその様子を観察していましたので、「こうすればスムーズに進行できる」とか「ここは、さっき注意されていたとこだな」といったことをしっかりと自分達の時には活かせており、とても良いディスカッションができていました。
改善ポイントを吸収し、すぐに活かすことのできる適応力や向上心は素晴らしいですね!

就職試験では、あまりグループディスカッションの機会はないかもしれませんが、やり方を知っていれば対応もできるはずです。
面接試験においては「習うより慣れろ」の精神で、講義の中では失敗を恐れずどんどんチャレンジして欲しいです。

さて、学校は明日の午前中で仕事納めとなり、12月29日(木)~1月5日(木)までは冬休みです。
また、来年もよろしくお願いします!皆様がよいお年を迎えられますように :-D

♪今日のよかよか♪
松岡修造さんの日めくりカレンダーをもらったこと。学校にも同じものが飾ってありますので、みなさんぜひ注目してください!

byちからたろう

 

 

就職模擬面接

2016年10月27日

九医技では「就職対策」という講義があるのですが、臨床検査科2年生の後期からは履歴書作成や模擬面接など、より実践的な内容に取り組んでいきます。

つい先日、第1回目の模擬面接を実施しましたが、面接官を担当した先生方の評価はなかなか良いものでした :-P
履歴書についても、先生方で分担して個別添削・指導を行っていますが、その先生方の評価も、「まだまだ修正する部分はあるけれど、みんな自己分析ができていて、頑張って書いているね」という、これまたなかなか良い評価でした。

これは、前期にみんなで取り組んだ自己理解ワークの成果なのでしょうか!?
そうだとしたら、うれしい限りです ;-)

さて、先日実施した模擬面接は、就職担当の内勤講師が面接官となって実施しましたが、今後は例えば、ハローワークの方や九医技の同窓会の先生方に指導に来ていただきます。
同窓会の先生方といえば、長崎県内の病院の技師長です。現場目線での必要とされる臨床検査技師像を念頭に、厳しくも愛のあるアドバイスをいただきました。

九医技では職員一丸となって学生の就職活動をサポートします!
校長も面接官となってくださるなんて、なかなかないですよね 8-O
みんなの心の中にある、「本当の気持ち」を引き出していけるよう支援していきますので、就職活動を通して成長していきましょう!

♪今日のよかよか♪
今日は推薦Ⅰ入試の合格発表日でした。合格された皆さん、おめでとうございます!4月から皆さんに会えるのを楽しみにしています。
byちからたろう

就職対策・特別講義2本立て☆

2015年12月23日

昨日で年内の講義は終了し、今日から九医技生は冬休みに入りました。
医療秘書科の早期インターンシップに出ている学生は、きっと私達と同じように年末まで働くことと思います。
すでに社会人の一歩を踏み出している証ですから、もうひと頑張り、この師走を一緒に頑張りましょうね!

さて昨日、就職対策授業の特別講義が臨床検査科2年生と1年生に向けてなわれました。
2年生は「面接で使えるプレゼンテーションの基本」、1年生は「ビジネスマナーとコミュニケーション」という内容です。
講師は、アナウンサーとしてご活躍後、キャリアカウンセリングとヴォイストレーニングを融合させた就職支援を行っていらっしゃる先生です。学生たちに声の力で自信をつけ、自分らしさを大事にしつつ就職活動への意欲を高めて欲しいという目的で行いました。

2年生は11月に一度、「声のワークショップ」ということで、発声や滑舌、表現力についてトレーニングを行いました。
その上で、今回は面接で使えるプレゼンテーションの方法を学び、さらなるレベルアップを目指します。

IMG_0405IMG_0403

 

1年生も同様に発声や滑舌のトレーニングを行い、マナーとはまずは「挨拶」からということで、お辞儀も含めた日常の挨拶をしっかりと行えるように指導していただきました。

IMG_0410IMG_0412

大きな声を出したり、ペアになって体を動かしたりと普段の授業にはない内容に、学生達は真面目な中にも、とても楽しみながら取り組んでいました。 90分の講義はあっと言う間に終了してしまいましたが、驚いたのは講義前と講義後の学生の変化です。

2年生は最後に、1分間の自己紹介を1人ずつ行ったのですが、みんな、これまでより堂々と自分らしい表現で話すことができていました。講義終了後には、「自分は今まで話すことが苦手だったけど、今日の講義を受けてもっと話したいと思った」と言ってくれる学生もいて、その気持ちの変化が、まさしく声の力で自信をつけることなのだなと思いました。

また、1年生も、講義終了後に冬休み前の講話をしに教室に行った校長先生が、「違うクラスに来たかと思いました」と言うぐらい、大きな声で挨拶ができていたようです。何ともうれしい変化です :-P

就職活動で大事なのは、自信と自分らしさだと思います。自信とは自分を信じること、自分を好きになることだと私は思っています。一人しかいない自分、一つしかないこの声を大事にして、自分らしいキャリアを歩んでいって欲しいなと思います。

この講義で得たものを忘れずに、また来年、元気な顔と声で会いましょうね :-P

byちからたろう

 

就職対策「作文を書いてみよう!」

2015年7月24日

まもなく、臨床検査科1、2年生と医療秘書科の学生は前期定期試験が始まります。
本日、1年生の前期最後の「就職対策」の授業では、「就職試験のための作文練習」行いました。

就職試験と言うと、履歴書などの「書類選考」→「面接試験」というイメージがあるかもしれませんが、
筆記試験を課している病院や企業もけっこうあります。
「書類選考」→「筆記試験」を通過してから、やっと「面接」という就職試験もあります。
大きい病院や企業ですと、まずそこで多数の応募者をふるいにかけるわけです。

また、就職試験では合否の判定を筆記50%、面接50%という割合で判定したりしますが、
過去に「面接での印象はとても良かったけれど、筆記試験の点数が・・・ :cry:といって
不合格になった先輩もいたりしました。非常にもったいないですよね。
実は、筆記試験は事前準備が一番できるもので、事前にしっかり対策を練っておけば点数がとれるものです。
就職活動に入った時に焦ることがないように、今の内からコツコツと学習を始めておくことをおススメします!

 

そして、今日はその対策の一つとして作文を書いてもらいました。
学生たち携帯世代の特徴として、話し言葉と書き言葉の区別がつかなくなり、いざ作文を書くとなると、
きちんとした文体の、誰が読んでもわかりやすく、読みやすい文章を書くのが難しくなっているようです 8-O

▼制限時間内に書き上げようと、真剣に取り組んでいます。

IMG_0297

書いてもらった作文は一つ一つ添削して、アドバイスや評価(A~E)をして返します。
今の自分の文章力がどれぐらいなのか実力を知ってもらい、今後の課題と言うものを見つけていってもらおうと思います。

そして、今日の作文のテーマは「最近のニュースで関心をもったこと」でした。
今、世の中を見渡せば様々なニュースが話題になっていますよね。

授業中、ちょっとした「時事問題クイズ」をやってみましたが、これがなかなか答えられない 8-O
自分の身の回りのこと、身近な人達に心を向けることはもちろん大切な事ですが、
できればもう少し広い視野で世の中の出来事に関心をもち、自分なりの考えというものを育てて欲しいなと思います。
それが、自分の成長にもなりますし、現実的な話で言うと、就職試験の時に「おっ、この子は面白い子だな」とか
「芯が通った子だな」といったプラスの評価につながることもあります。

これからの夏休み、それぞれにやりたいことは盛りだくさんだとは思いますが、ほんの少しでも、
いつもより本や新聞を読むとか、ニュース番組を見るなど意識してみてください。
旅行に行くのも見聞が広がっていいですね!
ぜひ、有意義な夏を過ごしてくださいね :-)

♪明日のよかよか♪

明日は長崎出身の著名人のトークショーに行きます。
これも、ひとつのお勉強かもしれないです。

byちからたろう

 

 

 

 

 

TOPへ

資料請求は
こちら