文部科学省「職業実践専門課程」認定校学校法人 九州総合学院 九州医学技術専門学校(九医技)

お問い合わせ・ご相談はこちら
HOME > よかよか九医技ブログ >

今年もあとひと月となりました!

2017年12月01日

いよいよ師走、月並みではありますが、今年もあっという間に残すところあとひと月です。

今年は、ただただ突っ走ってきた感があります。

医療秘書科は12月1日より早期の就業となり、みんな緊張の初日だったことでしょう!!!

みんな、挨拶をきちんとして、あせらず少しずつ頑張ってくださいね。

「一生懸命」という言葉は少々古いかもしれませんが、一生懸命頑張っていれば必ずだれかが

見守っていてくれて、苦しいときは手を差し伸べてくれます。特に若い人を育てていくことは

先輩や年長者の最も大切の仕事のひとつです。周りから可愛がってもらえる人になって下さい!

 

寒い朝、夜、うちのおネコ様はストーブの前に陣取り、頭がこげるのが心配です…..

 

by けんりん

12月学校説明会&推薦Ⅲ入試(医療秘書科のみ)案内

2017年11月24日

九医技では臨床検査科の3年生が一足先に単位認定試験が終了。

今日で医療秘書科の後期講義が終了し、来週には後期試験が待ち構えています。

しっかりと結果を出し、気持ちよく今年を終えてほしいですね。

 

それでは学校説明会と次回入試についてご案内です。

2017.12学説

【学校説明会】

日 時:平成29年12/3(日)

10:00 ~ 12:00(受付:9:30~)

場 所:九州医学技術専門学校

内 容:本校の特色、推薦入試についてなど

本校職員が詳しくご説明いたします。

申込方法:本校HPまたはお電話(095-856-2120)にて

 

【次回入試】

推薦Ⅲ入試(※医療秘書科のみ)

実  施  日:平成29年12/17(日)

願書受付:平成29年11/20(月)~12/15(金)17:00必着

 

詳しくは学生募集要項をご確認下さい。

 

多くの方とお会いできることを楽しみにしております。

 

単位認定試験

2017年11月24日

12月が近づき、一段と寒くなってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

九医技では、11月に入って、3年生にとって非常に重要な試験である「単位認定試験」が行われました。

この試験を全ての科目においてクリアしなければ、卒業認定試験へ進むことが出来ません。

月末には再試験がありますので、頑張ってほしいと思います。

 

昼間は暖かい日もありますが、冬になるにつれてますます気温が下がってきます。

皆さん、体調管理に気を付けましょう。

 

Byピース

卒業生講話

2017年11月10日

本校では「働く人財を育てる」を目標に掲げています。
その一環として全学年にて「就職対策」を実施しています。

臨床検査科では
1年次はリクルートスーツの選び方・作文の書き方など。
2年次は自分の強みを見つける・面接練習など。
3年次は面接練習。
といったように3年間で目標を達成できる人財育成に力を注いでいます。

昨日、臨床検査科1年生へ向けて、この春卒業した新人臨床検査技師(男女各1名)に講話をしてもらいました。
内容は
①学生時代の勉強法
②国家試験と就職試験の両立
③仕事との向き合い方
など です。

1年生のクラスを半分に分け、男性と女性の話をそれぞれ聞くことができるよう教室も別々にし時間配分を行いました。

最初は話をしてくれる卒業生も、聞く1年生も緊張をしていましたが、あっという間に緊張の糸は解け、笑いもおきながら楽しく講話が進んでいきました。

男性の卒業生は人気テレビ番組をもじってスライドを作成。
1
ここで一気に1年生の気持ちを掴んでいたようです。

2

一から順番に失敗談を交えつつ、最後は現在働いている施設での「あるある話」をしてくれました。
学生から質問もあり、いかに興味を持てる話をしてくれたかが窺い知れます。

女性の卒業生は、学生時代の勉強法やアドバイスを交えながら話をしてくれました。
3

4

両者が共通して話をしてくれたこととしてあったこと。それは
「勉強は一夜漬けではダメ。計画を持って試験に臨むこと。」
これは高校生含む今現在、学生の方全員へ言えることではないでしょうか。

学生時代は
「どうして勉強しないといけないんだろう。」
「この勉強が将来、役に立つのだろうか。」
などいろいろな思いがあると思います。
それでも
「親に怒られるから。」
「テストで悪い点数を採りたくないから。」
などの理由で仕方なく勉強しているかもしれません。

今、私が自分自身を振り返りつつ、親であり教える立場になって感じること。
それは
「勉強をして後悔する人は居ないが、どんなに勉強した人でも『もっと勉強しておけばよかった』と後悔する日が来る。」ということです。

このブログを読んでくれている皆さんへ。
「勉強は誰のためでもなく、自分自身のためにするもの。」
そのことを心に刻んで、充実した日々を過ごしてもらいたいと思います。
*最後は偉そうに語ってしまいました・・・。

☆今日のよかよか☆
現在、単位認定試験中の3年生。試験が明日までになったので、表情が少~し、疲れつつも安堵感が出てきていること。

by でんでん

医動物学実習

2017年11月07日

今年の4月入学した学生たちは、あっという間に半年以上が経過しました。
入学当初は勉強の内容が理解できるか。など不安が大きかったと思います。
でも、半年以上が過ぎ、少しずつ自分の勉強スタイルや仕事に就くことの目的意識がハッキリしてきた学生も居ると思います。

そんな中、臨床検査科の1年生は後期から新しく始まった勉強の「医動物学実習」を行いました。
現在の日本では少ないですが、世界を見渡すとまだまだ「寄生虫感染」が多く確認できます。
その寄生虫感染を検査する目的で行われる「寄生虫の卵=虫卵」を見つけるための方法を学ぶ教科です。
虫卵が手に入りにくいので、本校では花粉を虫卵に見立て、擬似検体の中から花粉を見つける実習を行っています。

前回は花粉だけの標本を顕微鏡で観察しましたが、今回は擬似検体からの検出になります。
これがまた難しい!
しかも加えている花粉は7種類。
顕微鏡の操作に慣れていない1年生にとっては、内容の全てが難しく感じます。

そのため医動物学実習では目的を2つ立てて行っています。
①顕微鏡の操作に慣れる。
②虫卵検出法を学ぶ。
です。

①を最大の目的として学生たちは実習に臨みます。

1

見てください。
この真剣な様子。
みんな一言も話さず黙々と顕微鏡で観察(=鏡検)しています。

集中力の問題などでさすがに90分顕微鏡と向き合うことはできませんが、仕事に就くと1日中、鏡検することも出てきます。
少しずつ時間を長くできるよう、こちらも工夫していきますね。

鏡検しつつ見つけられた花粉をスケッチしていきます。

2

3

同時に行うことにより難しさを感じますが、1年前の学生達では想像もできなかったくらい、勉強や学生生活に対応しています。
不安なことも、その中に身を置き行ってみることで案外スムーズに対応できるものです。

「不安。心配。」と口に出してその場に留まるのではなく、是非一歩を踏み出してみてください。
そこから見えてくるものがきっとあると思いますよ!

自分の将来(未来)は自分で切り開くもの。
周りの大人はアドバイスはできますが、代わりをしてあげることはできません。
だからこそ、いろんな意見を聞き取捨選択し、自分自身納得して前に進むことを、心から望んでいます!

自分で選んで、本校に入学してくれたら一緒に頑張りましょうね!

☆今日のよかよか☆
この4月から東京で仕事に就いた卒業生が早くも学会で発表デビューしたと報告してくれたこと。
*早いデビュー!凄すぎます!

by でんでん

TOPへ

資料請求は
こちら