文部科学省「職業実践専門課程」認定校学校法人 九州総合学院 九州医学技術専門学校(九医技)

お問い合わせ・ご相談はこちら
HOME > よかよか九医技ブログ > その他 >

学校法人 宮崎総合学院 創立30周年記念祝賀会

2016年6月09日

本校の法人名は「学校法人 九州総合学院」といいます。
理事長は兼務されていてもう一つが「学校法人 宮崎総合学院」です。
その学校法人 宮崎総合学院、略してMSGが創立30周年を迎え先日盛大な祝賀会が開催されました。
その模様をほんの少し紹介します!

今週初め宮崎市内のホテルで400人を超える来賓の方々が一同に会し盛大に開催されました。

ホテルに入り会場へ向かう前に法人の中の各学校紹介ブースが設けられていました。
IMG_0122
ここで来賓の方々はそれぞれの学校で学べること、理事長が30年間で作り上げたものを目にすることができます。

本校もそこに1ブース設け取り組みや学ぶ内容のほんの少しを体験できるようにしました。
顕微鏡を2台お借りし、血液標本と組織標本を設置。
来賓の方々は普段、顕微鏡を覗くことがまず無いため興味を持っていただけたかな?と思います。
もう一つは今年から新たに加わった業務「味覚検査」に使用する電気味覚形。
残念ながらこちらは体験することはできなかったものの「臨床検査技師の仕事にこんな内容もあるんですか~。」と興味津々。
まずは「臨床検査技師という国家資格」を知ってもらうことが大切なので少しでも話ができて有り難かったです。

祝賀会のプログラムは2部構成になっており、第1部は「パネルディスカッション」
3名のパネラーをお迎えしコーディネーターの理事長と1つのテーマに沿って話を伺うことができました。

第2部は「感謝の夕べ」
宮崎総合学院の歴史をスライド上映し宴のスタートとなりました。
来賓の方々は本当に重要な方々で理事長の交友関係の図りえない広さを垣間見ることができました。
それを実証するかのように祝賀会入口に届いた花の多さと綺麗さ。
IMG_0127

IMG_0129
花屋でもこんなにたくさんの花を見ることは無い!と思いました。
おまけに胡蝶蘭の数々。
写真は1方向しか撮影できませんでしたがこれが両側に広がっていました。
廊下は花の良い匂いが充満していましたよ♡

ここからは余談ですがお土産で購入した商品の紹介。
その名も「なんじゃこら大福」です。
大きさは成人の握りこぶし大。
IMG_0134
比較するとその大きさがより分かると思います。
中身は・・・
IMG_0132
イチゴとクリームチーズ、栗の甘露煮がアンコと共に包まれています。

一口食べるとその名前の由来が分かります。「なんじゃこら~(驚)」と歓声を上げること間違いなし!
美味しさも間違いなし!
そんな大福を家族一人1個、食べました(*^。^*)
とってもおいしかったです!

もし皆さんが宮崎に行く機会があればお勧めです。
驚き喜ばれること、確実です!
私もまた食べた~い。
実はシュークリームバージョンもありますのでこちらも要チェックですね!

30周年記念祝賀会から宮崎土産にまで話が飛びましたが宮崎いいところでした。
宿泊したホテルの朝食会場で並んでいたマンゴージュースも美味しかったです。
さすが宮崎!

☆今日のよかよか☆
金沢や韓国のお土産も頂いたこと!
*結局は食べ物の話題で終わっちゃいました・・・。

by でんでん

ひとりひとりにできること

2016年4月28日

ひとりひとりにできること

熊本大地震、被害にあわれた方、本当にお見舞い申し上げます。

「大地震、日本のどこで起こってもおかしくない」そう言われていても、まさか九州でこんな大きな地震が起こるなんて思ってもみませんでした。身近で起こりあらためて自然災害の恐ろしさを感じた次第です。
また、こうやって大変な思いをしている人がいるのに、すぐに駆けつけることもできない、何かをすることができないもどかしさと無力さに本当にやるせない思いがいっぱいでした。
蛇口をひねれば水が出る。夜になれば灯りがともる。温かい食事がとれる。日常で当たり前のことが急にできなくなる。いかに平和な世界で生きていたのだろう。急に奪われることへの不安を全く感じていなかったわけではないけれど、常に意識して生活していただろうか…。自分に問いただした時に、反省すべきことが沢山でした。

ひとりひとりにできること。

今回の震災に対してだけでなく、(もちろん、震災に対していろんな行動がひとりひとりの考えでできると思います)ひとりひとりが、できること。

日々を一生懸命に生きる。

ことなのかなぁと思います。それぞれの置かれた立場で、自分の信念を持って生活する、勉強する、仕事をするってことが一番大事なことなのかもしれません。

本校の皆さんの中にも、ご家族、ご親戚、友人が今回被災されているかもしれません。駆けつけられないもどかしさを私と同じように感じている人もいることでしょう。いま、私たちにできることは、学校にしっかり出てきて、一つでも知識として身につけることなのではありませんか?将来医療人として現場に立った時に、今胸に抱いている思いを忘れずに、確かな技術と知識を持った医療事務、臨床検査技師になってほしいと思います。

ひとりひとりにできること

日々を一生懸命に生きる。

その積み重ねが、こういう時こそ大事なのではないかと思います。

IMG_3545

※写真は、実家に咲いた牡丹です。少しでも気持ちが華やぎますように。

BY mokomoko

今回の九州地方の地震について

2016年4月16日

一昨日からの熊本県を震源とする大きい地震が多発しています。
ニュースを見るたび被害が拡大している様子が映し出され、心が痛い状況が続いています。

皆さんのお住まいの地域はどうですか?

長崎県も地域によって震度4だったりといつに無く、激しい揺れに恐怖心が湧いてきます。
午前中の講義中も若干揺れ、学生も講義内容どころでは無いでしょう。
JRが運休している関係で欠席している学生もいます。
皆さん無理をせず、まずは身の安全確保を第1に考えてください。

本校の同一法人の学校も熊本にあるため被害の状況が少しずつ耳に入ってきています。
心配ですが直接行って手伝いができない分、何かの形で力になりたいと思います。

また、熊本にある臨床検査の養成大学も心配です。
同じ将来の夢を抱く学生さん、それを支える先生方の無事をお祈りします。

本当に心が痛い今回の地震。
日本各地で地震が頻発していますが、今なお避難されている方の状況を考えると、少しだけ遠い長崎の地から1日でも早い平穏な日々の訪れを強く願っています。

皆さんも家族で避難場所の確認を行ってください。
非常時持ち出す物などを話し合っておくことも良いですね。
今は携帯電話やスマートフォンで地震のお知らせが入りますので、注意しやすいですよね。
いつ何時お知らせが入るか、分からないので気を付けておきましょう。

1日でも早い沈静化と被害に遭われた方々の回復を心よりお祈りいたします。

☆今日の一言☆
今ここに立っている。
それだけでも奇跡です。

by でんでん

春休み!だからこそ、職員も勉強中!

2016年3月24日

 

九医技の学生は春休み!

職員もワクワク春休み!ではなく、新年度に向けて様々な準備をしています(^^)

1年を振り返り、新年度に活かすために、

3月、「教育コーチング研修―学生にとって最強の支援者であり続けるために―“Beingを探求する”」

という職員研修会を行ないました。

1

「あ!入学式で講演をしてくださった先生だ!」と、在校生はお気づきでしょう。

次の入学式でも講演いただく小山英樹先生を講師に迎えた研修会です。

 

研修では、様々なワークを通して、各職員が自分の在り方や実践を振り返りました。

写真を見ると、和やかで、賑やかな雰囲気です。

2

「学生達には、九医技に来てよかったと思ってもらいたい。そのためには・・・。」

「学生達はこんな可能性があるんですよね。だからこそ・・・。」

「今年はこんな思いで、頑張ってきました!その中で、こんなところに難しさを覚えるところもあって・・・。」

「わかる、わかる!」

「そんな風に考えていたんですね!」

それぞれの真剣な思いに、話を聞く側も真剣!うなずいたり、メモをしたり、さらに話を聞きたくて質問をしたり。

すると、話す側も、表情を変えたり、ジェスチャーを加えたり、より具体的な話をしたり。

ワークを通して、自分や相手を知ることで、この1年をより広く、深く振り返ることができました。

 

こちらの写真は、真剣な表情ですね。

3

学生の皆さんは、日々の学校生活では中々目にしない様子ではないでしょうか。

自分の在り方に向き合う、そして未来を描き、今の自分にできることに真剣に取り組む。

学生の皆さんに日々伝えていることは、私たち職員にもいえることなのです(^^)

 

研修のまとめは、新年度に向け、各職員が「ミッション」を言葉にし、共有しました。

さて、

在学生の皆さんは、前回の入学式の講演のとき、小山先生の宿題で自分で言葉にした「ミッション」から1年間の自分を振り返り、どんなことを感じますか?

頑張った自分、頑張れなかった自分、楽しんだ自分、戸惑った自分・・・

この1年を振り返り、感じることは人それぞれでしょうし、その思いを一番に感じているのは自分でしょう。

あなたしかあなたの人生は生きられません。そして、そこで感じたことは、在りたい自分・見てみたい世界により繋がるヒントだと私は思います☆だからこそ、そこから「どんな自分で在りたいか?」をもう一度振り返り、新年度に活かしていきましょう!

職員も学生も、同じ「九医技の今」に集まった仲間です。

自分と向き合い、自分の創り出したい世界に向け、今を真剣に生きる仲間です。

そう思うと、

伝え合い、認め合い、励まし合いながら「今」を重ねた先・・・未来がワクワクしてきます。ね(^^)♪

新学期も、この1年の気づきや学びを活かし、一緒に頑張り、楽しみましょう♪

 

☆きょうのよかよか☆

晴れた朝は心地よい(^^)

byこんちかろう

春の訪れ

2016年3月17日

暖かくなってきました。新しい季節の訪れにドキドキ、ワクワク、そして少しもの悲しさも感じる時期です。
そんな中、私たち職員はのんびりと過ごしているかと言うと・・・・
実は結構、ばたばたとしています。

今年度を振り返り会議を重ね、反省、改善、反省、改善・・・・と繰り返していきます。
すべては積み重ね。一つ一つをしっかりと地固めし積み重ねていく事で、やっと花が咲くことができます。
今年学んだことを新年度へ。
その為の準備を焦りつつも、どこかワクワクした気分で行っています。

そんなことを考えながら学校玄関横に置いているプランタンをふと見ると・・・

チューリッピ   チューリップの蕾を見つけました。
背丈も低く、すくすくと育ったとは言えませんが
幾重にもまかれた葉の間から、しっかりと花を咲かせようとしています。

チューリップの花言葉は『思いやり、博愛』
医学に携わる私たちが決して忘れてはいけない心です。

どこかフワフワとした、この季節
皆さんも何気なく周りを見ると
大地に根を張る、力強い春の息吹を感じることが出来ると思います。

このチューリップのように、みんなが花咲けるように頑張ろう!
心新たに誓う一日でした。

by しば

 

TOPへ

資料請求は
こちら