臨床検査科について |3年制(男女共学)| 顕微鏡イラスト

臨床検査技師とは医療機関などで「検査」を行い
患者様の状態を把握するためにデータを集め、
適切な診断が出来るようサポートする仕事です。
検査の専門家「臨床検査技師」を目指す3年制課程。

臨床検査技師とは?

現代医療に欠かせない医療のスペシャリスト

臨床検査技師とは、患者様の身体の機能や細胞・組織などに異常がないかを調べ(臨床検査)、その検査結果を医師に提供する医療技術者です。
主な仕事は「検査」ですが、医療機関では採血や検体採取の業務にも携わっており、患者様と直接触れ合うことも多くあります。
日本で臨床検査技師の国家資格制度が始まったのは1958年のことで、近年は検査技術の発達とともに「検査のスペシャリスト」としてチーム医療に大きく貢献しています。

人の命を救えるやりがいが魅力

臨床検査技師の仕事内容

検体検査

摂取した検体(身体組織)を検査する
  • ◎一般検査(尿検査、糞便検査、喀痰検査、髄液検査など)
  • ◎血液検査(貧血や炎症、白血病の検査など)
  • ◎病理検査(がん細胞の検査など)
  • ◎輸血検査(血液型、不規則抗体検査、交差適合試験など)
  • ◎生化学検査(腎臓や肝臓など、臓器の検査)

生理検査

医療機器を使って患者様の体を直接検査する
  • ◎心電図検査
  • ◎呼吸機能検査
  • ◎脳波検査
  • ◎神経機能検査
  • ◎味覚・嗅覚検査

臨床検査技師は国家資格でニーズが高い。

国家資格である臨床検査技師は、安定した需要があり 技術の発達により、多岐にわたる精密な検査が可能になったことで医療現場に欠かすことの出来ない存在です。 その専門性へのニーズはますます高まっていくでしょう。

4年制大学とゴールは同じ! 3年間で学ぶ充実したカリキュラム。

3年間のカリキュラム

選べる進路。大学編入も可能!

九州医学技術専門学校では、4年制大学で学ぶ内容を3年間に凝縮。 いち早く現場デビューしたい人や学費の節約をしたい人に喜ばれています。 加えて、大学編入も可能。進路の幅が広いのが特徴です。 卒業後取得できる資格も多数あります。

卒業後、取得可能な認定資格!

認定一般検査技師/認定心電検査技師/認定臨床染色体遺伝子検査師/認定管理検査技師/細胞検査士/超音波検査士/緊急臨床検査士/認定輸血検査技師/認定臨床微生物検査技師/認定血液検査技師/認定臨床エンブリオロジスト/不妊カウンセラー・体外授精コーディネーター/健康運動指導士/心臓リハビリテーション指導士/日本糖尿病療養指導士/治験コーディネーター(CRC)/など

1週間のタイムテーブル。

1週間のタイムテーブル
オープンキャンパスバナー

OPEN CAMPUS

まずは、楽しく気軽に体験しよう!
さあ! 生命を救う第一歩を踏みだそう!

詳しく見る

就職率100%の徹底した就職サポートと同時に就職後に活きる実践力を養う。

就職率100%
国家資格合格率88.2%

臨床検査科への求人数は231社・535人(2020年度実績)。 履歴書作成・添削、面接練習、グループディスカッション対策講座などの就職対策を1年次より実施し、徹底的にサポート。 実習などを通して、就職後に現場で活きる実践力を培います。

上を指差す人

経験豊富な先生方から
臨床検査技師のリアルを
聞くことができる。

検体検査や生理検査をはじめとした臨床検査技師を目指すために必要な知識や志について学んでいます。病院や検査センターなどで経験を積まれた先生方から医療現場の実態についても教えていただくことで、自分の将来像を具体的にイメージできています。
1年生から実習がスタートし、学年が上がると内容もレベルアップして高度になりますが、先生方が現場の実態を踏まえて丁寧に指導くださるので、楽しみつつ集中して取り組めています。

臨床検査科2年百田 愛結菜さん

長崎北高等学校(長崎県)出身

知らなかった世界を
見ることができる実習が面白い。

検査の実習では、今まで見ることのなかった人の細胞や微生物の世界を見ることができます。人間の身体は面白いと改めて感じることも多いです。また、検査に関する講義や実習だけではなく、医療人として必要な知識も学ぶことができるのも魅力です。生徒目線で丁寧に教えてくださる先生方や気の合う友人たちのお陰で、楽しい毎日を過ごせています。

臨床検査科1年鍋内 優海さん

五島海陽高等学校(長崎県)出身

臨床検査科の特徴的な実習と講義

微生物検査学実習

感染症の原因微生物を特定するための検査。実習では、滅菌・消毒・無菌状態を作るなど基本から習得していきます。

画像検査学実習

エコー機器やモニター機器等の使い方を学び、その検査結果を分析して疾病の診断・治療に役立てる知識を深めていきます。

血液検査学実習

血液検体の取り扱い、標本作製、染色、顕微鏡による観察までの基本技術の習得と、スケッチを通して鑑別する力を養います。

臨床生理検査学

心電図、エコー検査など生理機能に関する基本的な検査を行うにあたり、患者様の対応など実践に必要なことも学びます。

輸血・移植検査学実習

輸血・移植に関わる検査材料の管理や取り扱いを正しく理解し、血液型検査など様々な検査方法を習得します。

病態解析学演習

グループごとに独自のテーマで計画、実習を行う中で、医療の現場で必要な「研究する力・発表する力・チーム力」を養います。

臨床検査科生の一日

先輩の一日から、臨床検査科での学びや学校での生活をイメージしてみよう。

8:00

8:30
登校
8:50
1限目は「心理学」

患者様に安心して検査を受けてもらえるような医療人になるために、欠かせない講義です。

12:00
昼食

ひとり暮らしをしていると、仲間たちとごはんを食べながら過ごす時間は、とても貴重で心が安まるひとときです。

12:45
3限目は「微生物検査学実習」

感染症の原因を特定するための検査。とても緊張感のある実習です。

17:35
下校・アルバイトへ

5限目まで授業がある日は、ヘトヘトですがとても充実感があります。
授業が終わった後も、わからないところなどを先生方へ質問することも。とても丁寧に教えてくださるお陰で、苦手分野にも取り組むことができます。