シラバス(授業計画)の使い方

シラバス(授業計画)とは

シラバスは授業計画書のことです。シラバスには、授業科目の担当者名、単位数、開講時期、講義形態等について記載されています。その他、授業の流れ(講義の順序)、評価方法(テストの方法)、テキスト教官名等が記載されています。

シラバス(授業計画)の利用方法

予習と復習に役立て、授業の流れを把握するのに活用します。下の例を参考に活用してください。

1.授業を受ける前

シラバスで授業項目をみて、その内容をテキストで読んでおく。

2.復習のとき

理解できなかった部分がどの授業であったかを検索する。

3.授業を欠席したとき

必ず受講できなかった部分をチェックしておき、その内容をテキストを読み理解しておく。

4.質問をしたいとき

教官がいつ来校されるかを確認し、質問にいく。